特殊印刷技術・加工

<厚盛り印刷>
インキの厚盛りによって任意の箇所を隆起させることが可能です。
オフセットで印刷した写真画像などと組み合わせることで、平面である印刷物に立体感と質感が生まれます。
水滴や凹凸のある素材感を表現できます。

<ちぢみ印刷>
スクリーン版を使用し、チヂミ(ちりめん状のシワ)模様を任意の箇所に施すことが可能です。
オフセット印刷との組み合わせやメタリック調の素材を使用するなど、さまざまなテクスチャー感が生まれ印刷表現が広がります。

<スクラッチ印刷>
コインや爪で削ると、下地の絵柄が見える仕組みです。
キャンペーン等でよく使用されます。
シルバータイプ、削りカスが出ないタイプ、どちらも製作可能です。

<蓄光印刷>
太陽光や蛍光灯の紫外線の光を蓄えて、暗闇で発光する性質を持った顔料インキを、印刷します。光を吸収→蓄積→発光を繰り返すことが可能です。

<香料印刷>
香料をカプセル化してインキに混ぜ合わせたものを印刷します。
こするとカプセルが壊れて、香ります。
DMやしおり等に印刷し、一味違ったキャンペーンツールを演出できます。

<転写>
①ワンタッチ転写
被着体に当てて擦ることで、文字や絵柄を転写することができます。

②水転写
水に浸すことで、インキ・カバーコートのみが加飾対象に転写されます。
肌用のボディシールとしてよく使用されます。

<真空成型加工>
真空成型とは、加熱・軟化させた板状のプラスチック材料を型に合わせて真空吸引することにより、製品を形づくる成形法です。
印刷と組み合わせることで、立体的なディスプレイも演出することができます。

<箔押し加工>
箔押し(ホットスタンプ)とは金箔・銀箔などの色箔を圧着する加工になります。
インクでの印刷とはまた違った高級感のある仕上がりになります。